現役並み所得者とは
 現役並み所得者とは、 (1)市町村民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者、または、(2) (1)の被保険者と同一世帯に属する70歳以上75歳未満の国保被保険者。ただし、(1)、(2)に該当する被保険者の収入額が、同一世帯二人以上で520万円未満、一人で383万円未満の場合は申請により、「一般」の区分と同様となります。

同一世帯に後期高齢者医療制度に移られた人がいることにより新たに現役並み所得者になる方について
   次のすべての要件を満たす人については、申請することで自己負担割合が1割負担、一月当たりの自己負担限度額が「一般」の区分と同様となります。

(1) 同一世帯の中に国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移られた人がいる世帯において引き続き国民健康保険に加入する70歳以上75歳未満の単身の被保険者
(2) 課税所得が145万円以上かつ年収が383万円以上の人
(3) 同一世帯の中で国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移られた人も含めた年収が520万円未満の人


閉じる