文字サイズ変更
さいたまこくほweb
  トップページ  
お知らせ
今月の医療と健康
国保連合会の紹介
医療保険のしくみ
国保Q&A
介護Q&A
介護サービス苦情相談
健康まもるくんランド
保険医療機関コーナー
介護事業者コーナー
障害者総合支援事業者コーナー
リンク
サイトマップ
 
トップページ >> 国保Q&A >> 70歳以上 >> 70歳になったときは?
国保Q&A→70歳以上
70歳になったときは?
 70歳以上になると、医療費の自己負担の割合が2割に軽減されます(現役並み所得者は3割)。自己負担割合が記された高齢受給者証が交付されますので、お医者さんにかかるときは、保険証と高齢受給者証を一緒に病院などの窓口へ提示してください。
   

※70歳以上75歳未満の高齢者の自己負担割合は、法律上2割となっていますが、特例措置でこれまで1割とされていました。平成26年4月から、より公平な仕組みとするため、この特例措置が見直されることとなりました。
 見直しにあたっては、高齢者の生活に大きな影響が生じることがないよう、平成26年4月2日以降に70歳を迎える人から段階的に実施されることとなりました。

○平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた人はこちらをご覧ください。

○平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える人はこちらをご覧ください。


参照ページ >> 75歳になったときは?(後期高齢者医療制度)
   
こちらで自己負担割合をチェック
   70歳以上の方はこちらから簡単に自己負担割合がチェックできます。


このページのTOPへ


(C)2004 saitama-kokuhoren